山田鳥(yamadatyou)
   山田とダチョウの日記
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yamadatyou

Author:yamadatyou
究極のダチョウを作ってます。

カレンダー

12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 今年の計画書作成
CIMG1353.jpg

今年の予算書などを作成しています・・・。計算すればするほど写真の右下のような感じです。
が、計画をあれこれ考えるのはとても楽しいです。考えるだけはタダなので・・・。ちなみにダチョウはまぶたが2重で、まつ毛みたいなものは羽らしいです。
イチゴウ君は少し公園デビューしてみました。今はかわいいイチゴウ君も2ヶ月後にはお隣さんのようになってしまいます・・・。
DVC10163.jpg


スポンサーサイト
だちょう | 固定リンク
(2007/01/31(水) 01:02)

 営業
DVC10027.jpg


今週は色々ありました。神戸そごうの地下食品売り場で、きのこの試食販売手伝いや、京都にある森林公園に大人のダチョウ4羽を引き取りにいったり・・・。そして本日「さぬきダチョウ」のキョーさんに会うことができました。本当に軽トラの荷台にホロをかけただけの状態で、中にダチョウが3羽・・・・すごすぎです・・・写真撮るのも忘れてました。ダチョウがおとなしいとゆうか、キョーさんのダチョウサバキがすばらしいとゆうか、暴れることなく誘導されていました。羽がすごくきれいでいい顔をしたダチョウ達でした。キョーさんとも少し話しができ、ダチョウに対する熱意がすごく伝わってきて、いい刺激をもらいました。今回は教えてもらうことばかりでしたが、こちらからも情報提供できるようがんばってダチョウを広げていきたいと思います。上の写真はうちのダチョウの肉を使ってくれている京都の福知山にあるサリィズキッチンマーガとゆうイタリア料理屋さんでダチョウコースを食べたときに出てきたダチョウ型シュークリームです。ここのダチョウのタタキはダチョウ肉のわりにとかではなく感動できるおいしさでした!家でまねして作りましたが無理でした・・。明日は姫路のこだわり系の焼肉屋さんにダチョウ肉営業がんばってきまーす。
本日のイチゴウ君はエサを少しずつツマムようになってきてくれて、体重の減りも、とまりました!食べて食べて食べ続けろ~!
DVC10136.jpg

だちょう | 固定リンク
(2007/01/27(土) 22:43)

 爽やか
CIMG1392.jpg

友人よりブログの内容が一部Deepだと指摘がきたので少し爽やかを意識していきます・・・。
この写真は早朝のだちょうとコーヒーです・・・。たまに農場泊まるのですが朝日がとても綺麗なところなのでまた写真アップします。

昨日孵化したダチョウのイチゴウ君は少し小さいですがもう立ちそうです!
DVC10133.jpg


だちょう | 固定リンク
(2007/01/22(月) 22:19)

 孵化
DVC10121.jpg


11月末から孵化機を動かし始めて、本日!初!殻に!穴が開きました!自力で殻を割ってくれたので期待大です!私自身殻を割って出てくる雛を見るのは初めてです!この状態から出てくるまであと半日かかるそうなので明日は超早出します♪
まだ少し気持ちの整理ができていないのですが・・・。
だちょう | 固定リンク
(2007/01/21(日) 22:14)

 屠殺、解体
今日は20ヶ月齢のオスダチョウ2羽の屠殺、解体に立会いました。屠殺、解体は今回で2回目でしたがまだ割り切れていない自分がいました。かわいい、かわいいと育てるのではなくて、おいしくなれよ!と育てているのですが・・・。最初ダチョウが飼いたくなったのは単なるペットとしてでしたが、ダチョウが好きで色々調べていくうちに飼料効率や約1年で100キロちかい体重になること、気候などの変化に左右されず病気しらず・・。少しでかいことをゆうとダチョウは将来日本にとってなくてはならない食糧ではないだろうか・・・。実際に昔、米不足のとき、急に日本米が無くなり、タイ米だらけの生活になり、まだ何も考えていない学生ながら「この国の食料管理は信用できん、将来、農業しなあかんな」とか考えたこともあり、今のうちに俺がダチョウを増やしておかなければ、中国、インドの人口が増えて、食料不足にそなえなければと思い仕事にしてしまったわけでして・・。まぁ話が大きくなってしまいましたが、そのためには一般の人にも抵抗なく食べてもらえる今よりより一層おいしいダチョウ肉を作らなければと思い今、育てているんだと!と自分に言い聞かせてます。
今日、屠畜場の人にいつも廃棄しているダチョウの腎臓を「食べてみ」と、もらいました。焼いて塩コショウで食べるてみましたがなんかすごい味でノドを通過することができませんでした。味噌で煮込んでもみましたがきつかったです・・。大腸ももらってきたので食べてみました・・・歯ごたえはいいです!が・・・もう少し煮込んでみます・・・。
なんかダチョウ肉のイメージを下げてしまっている・・・。
ちなみに今、よくインターネットなどで売っている国産のダチョウ肉(フィレ、もも)は、しゃぶしゃぶやユッケで食べるとあっさりしていて十分おいしく食べることができます!説得力ねぇ・・。
大阪の梅田にある「玄武庵」って居酒屋でうちのダチョウの肉出しているので大阪お住まいの方一度食べてみてください!
だちょう | 固定リンク
(2007/01/20(土) 00:04)

 ダートヌポーツ!!!!!!
びっくりです・・。モトクロスニュースサイトのダートヌポーツさんに私のブログ記事が!!!!ホンマびっくりしました・・まだ一部の知り合いにしか言ってなかったのに・・。ちなみに私をダチョウにはまらしたビデオは
DVC10029.jpg

の中にでてきた
このダチョウ
DVC10030.jpg

このシーンを見て
ダチョウってむちゃかっこいい!!ダチョウ飼いてぇ!と思わなかったら今の自分はいなかったでしょう・・・。

ちなみに今、北海道中標津のN8K Countyに置いてある茶色のプレハブは私が以前中標津で2年間ほど生活していたプレハブを管理人さんに譲ったものです。中標津で酪農実習生、大工と生活していた時代に北海道のエンデューロ参戦していたときBUM金沢さんに大変お世話になりました。チーム員でもないのにテント使わしてもらったり、部品分けてもらったり・・塩鮭もらったり・・・半分強制的に「オマエスシスキカ?」Tシャツ買わされたり・・。あのときのご恩は一生忘れません。
DVC00004.jpg


山田 | 固定リンク
(2007/01/18(木) 22:35)

 薫製
DVC00003.jpg

今日はダチョウ肉の薫製と薫製ダチョウ肉ソーセージの打ち合わせに近所の薫製屋さんに行きました。薫製については、かなりいいものができているのですが、ソーセージの味付けがなかなか決まらず苦労しています。今のところ大人向けのスパイシー風味で製作お願いしています。その薫製屋さんにお土産にたくあんの薫製をもらいました。味はたくあんと燻製の香りが口の中にかなり余韻が残り、一度食べたら忘れられない味でした・・・。妙に癖になりそう・・・。

だちょう | 固定リンク
(2007/01/17(水) 21:35)

 だちょうはあほ?
CIMG1418.jpg

だちょうの脳みそは目玉より小さいのでアホだといわれています・・・。
確かに同じところに頭を何度もぶつけたり学習能力はないようですがとてもいいやつです。

だちょう | 固定リンク
(2007/01/15(月) 22:24)

 びほーあふたー
私を雇ってくれたダチョウ牧場の従業員は牧場長と私の2名で、ダチョウは現在約40羽います。昨年、牧場が移転したのでまずは牧場作りにはげんでいます。元々牛舎だったところに孵化場、育雛舎、育成舎の一部を作っています
かなりクタビレタ元牛舎でした・・・。
DVC10028.jpg

材料はほとんど関連会社の倉庫横にほったらかしになっていた木材の寄せ集めで作りました。かかった材料代はビス代とタルキ代少しでこのように↓
DVC10089.jpg

ただ上から板を張っただけですがかなり綺麗になりました。

この建物内に育雛場も作りました。
DVC10015.jpg

このような状態だったところに育雛舎を作りました。
DVC10084.jpg

育雛舎内は
DVC10114.jpg

壁も一応断熱材入りのものを拾ってきました・・。
北海道で大工仕事しててよかったです・・。




だちょう | 固定リンク
(2007/01/13(土) 23:06)

 はじめる
20070107213705.jpg

私、大阪府出身の山田といいます。約10年程前まだ大学生だったころ大好きなモトクロスのビデオに出てきたダチョウのかっこよさに惚れ、ダチョウを飼うことを夢見てきました。コンピューターの会社に1年、北海道に3年、兵庫県の養鶏場に勤めること4年でついに昨年の11月から念願のダチョウ牧場で本格的に仕事ができるようになりました。これから、日本全国にダチョウ肉を広めるのと究極のダチョウを作るためがんばっていく過程を書いていこう思いますのでよろしくお願いします。
だちょう | 固定リンク | レス:2
(2007/01/13(土) 22:25)

copyright © 2005 山田鳥(yamadatyou) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。